スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の出来事

3時就寝
のつもりだったが前日の12時間睡眠がたたり寝れず
8時まで布団の中で過ごす
8時起床、朝ごはんを食べ洗濯物を回し9時
ぼーっとPC前で過ごす、11時あたりからlolchを見る。これ終わったら飯いこうと考える。
2時くらいになりご飯を買いに行こうかと考える、ぼーっとする。

3時手前で眼科へ行くついでにスーパーで弁当など食料の買出しにいこうと立つ
地震発生
こりゃだめだと家一旦待機、お腹減って大変なので買出しへ、スーパーでも余震で一回追い出される
ずーっとTVでニュースを見ながらTSでおしゃべり
7時で晩御飯の肉じゃがを作る


ちょっと普段の僕がどれだけグータラしてるか戒める意味で書いてみよっかなーって就寝前に書いたんだけど
まさか大地震に被って普通の日じゃなくなるとは思わなかったよ。まどかマギカ見て今日は寝るつもり、それまでlolしたり勉強したいけど多分しない。残りは寝る前に書くね
スポンサーサイト

自分が成長しない部分

簡単に言えば頭の中で結論出しているところ。やりもせず、調べもせず結論を出してるところ。
だから内容がない、からっぽな僕がいるんですね。
ブログに書くことも脳みそ垂れ流したようなよく分かんない事、もっと身近で起きたこと書けばいいのに引きこもって生きてるからかくことがない。

ふぅ

飽きるということ

僕には情熱がないということは今更説明するまでもない、一時的な楽しみがないわけではない。なのでゲームであったり勉強であったり楽しむことはある。しかし長続きしない、ハマることへのストッパーがどこかで掛かってしまう。

ハマることが多いのはもっぱらネットゲームであったりするのでこの傾向であるのはむしろありがたい。
それとは別に同じ人達と毎日の様にコミュニケーションを取るのにも僕は飽きる傾向がある。
飽きるというと失礼な言い方だが他人に対する依存が僕は極端にないのだと結論付けている。

もちろん人と交わることは楽しいしその空間は好きだ、しかしやがてそれが当たり前の様に馴染んでしまうことで途端にそこへの執着が薄れてしまう。最も他人との交流が多いと思われる学生時代においても僕はどこにも属してしなかったのだと最近長い付き合いの友人から言われた。

いわゆる派閥というものに入らなかったため学外での関わりはかなり少なかっただろう。それを気にしたこともないし寂しいと思うこともなかった、自分から誘うこともなかった。


こう書くと一匹狼気取りっぽく見えるが学校生活上では誰とでも接していたし特に不自由があったわけでもない。
僕が持つスタンスとして、「必要ならいるしいらないならそれでいい」という他人任せな関係を望んでいた。僕がここにいたいからいるのではなく、僕を必要とするからここにおいておけばいいよ。

評価基準は他人であり僕の評価は対外的に決めてもらって結構ですよと、だいたい合わなそうな空気だったらそっと消えるし盛り上げ役がいなければそっと身を出すしそういう都合のいい人でいることが一番楽だった。
他人を気にしないで楽しむことは僕には出来ないし、だからといってこれに見返りを求めているわけでもないし嫌々やっているわけでもない。

その場の空気がどうであるかが僕にとっては一番気掛かりかな。



と何か書いてみたけどそんなこと考えたり考えなかったりして生きてます。人によっては僕がすごく縛られて生きているように思うだろう、でも嫌だったらいやっていうし機嫌悪くなるほどのことって僕には滅多にないしこのスタンスが僕には一番楽なんですよね。

他人がいて成り立つ人生ってつまんないとお思いですか?
でも僕には他人を不快にさせてまで望むものなんてないんですよ。
非常に小心者なので平和であるようにいく道を辿ってきたらこんな感じになりました。



|ω・`)まぁもっと情熱は持ちたいけどね。相変わらずまとまらずにここでオワリ( ✧゚д゚ )

そんなもん

僕は多弁ではない、しゃべる場面であれば多少喋るが基本的には口数は少ないほうだ。何故か
僕が馬鹿であることがすぐバレてしまうからだ。謙遜でもなんでもなく幼い考え、思考を垂れ流すことに抵抗がある。
ツイッターなどで意味のわからないことを言いまくるときもあるがそれは発作みたいなもので、本質ではない。

言いたいことはたくさんあるし、思っていることも多い。しかしそれを発言するまでに至らないのは僕がその言質に責任を持てないからであって、誤解されたり僕の低能さが露見した時何も言い訳ができないからである。
それでも馬鹿な発言はしていることはあるだろう、僕が気付かないだけで頭の良い人は底の浅さを感じているんだろうと。

友人と遊ぶのは楽しいが一人で静かにしているのもそれ以上に楽しい。人付き合いは反面煩わしさを感じることもあるので、そういったことない一人は僕にとって心身の負担がなく落ち着くものである。

投げた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。