スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドア派の限界

例外はあるだろうけどやはり外にでていろいろな刺激を得ている人のほうが人間的に魅力があると思う。
だからといってその全部がという訳じゃない、比率の話だ。中に篭り気味な人でも面白い人やしっかりした人も多く存在してる。
ただ自分に当てはめた時経験の少なさや柔軟性の無さなど目立つことが多い、それは引き篭もりの生活をしているからだと思っている、もっと外に出て多くを吸収していけばもっとよくなるはずではないか

ただ単に外に出るだけなら誰だってしてるしそれだけでは意味がない、興味も持たずに刺激を受けずにいるなら家にいるのと大差ないだろう、むしろ家にいても自己昇華に勤めるのであればインドアだろうと関係ない

そういう元から自分でやれる高い意識を持っている人はどういう生活を送ろうとも関係がない、ただ大半はそんな意識を持っていないし実行できていないと私は思っている。だから自分が限界を感じるのであれば新しい刺激を求めていくのが成功していく手段の一つではないかと考えたわけだ。
外にでるきっかけや刺激を求めて行動することも私にとっては結構な重労働なわけだがそう感じてる時点でだいぶ駄目だと思う、つまり何かしよう。しよう。

これがやる気でないから明日から、明日からと続くのが調子が悪い証拠。なんとか復調したいもんです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。