スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE GIANTS OF TOP LANE

2013年のシーズンの終わりまで、3体のチャンピオンがtop laneを支配していた。:Renekton, Shyvana, and Dr. Mundo.

RISE TO POWER(上昇する力)

何故bruisersはtop laneで強いのでしょうか?DignitasのCruzerthebruzerが言うように「彼らはcarry志向のpickよりも一貫性のあるチャンピオンです。もしlaneで負けてただファームするだけになっても、ゲームの最後まで影響力を持ちます」。一方で、carryがlaneで負けると、彼らのダメージはとても低く、CCも存在しない場合は彼らはチームファイトで溶けてしまうでしょう。

しかしながらbruisersもまたlaneフェーズでの典型的な弱さを持っています。レンジハラスが強いがゆえに序盤でのtankyさの欠如です。ドランズシールドとマスタリーによって非常に高いheathリジェネを持つ彼らを、ハラスによって序盤でレーンから排除するのに非常に難しくなった。それによりlate gameにむけてのfarmを比較的容易に保障する形となった。これはlate gameでの強さを保障するだけでなく、今やlaneで負けることも難しくなった。それは単にpokeに対して回復が上回っているということだ。2013年でShenはrenektonに対するカウンターであったが、2014年彼に対して2-6の戦績を残している。

RELATIVE STRENGTHS(相対的な強さ)

この3つのチャンピオンのpickはそれぞれ相対的な独自の長所を持っています。
Renektonは最も多いpick-56-と最も多いBAN-21-を得ました。これは彼がすべてのマッチアップに対してゲームの序盤に強いアドバンテージを取っているからです。Xaxusによると「彼はすべての単体のチャンピオンを支配し・・・そして相手がjungleファイトでlevel6のRenektonと対面したくないときに、簡単に敵のbuffに向かい戦いを仕掛けることが出来る。」それに加えて、Xaxusが彼を好きなのは「Renktonはtankとダメージを両立したビルドにすることができ、ultによって対戦相手と同じかそれ以上のtanky差を持つことが出来る」ということです。

Dr. Mundoは二番目に多いpick-53-と二番目に多いBAN-15-を得ました。彼の能力はlate gameに膨張するからです。
しかし彼のlaneフェースは弱めで、sOAZはmundについてこう注意しています「ほとんどのマッチアップで負ける」、Balls がmundoを使わない理由をこう述べています「ほんとにただ受動的にfarmをするだけで、私はlaneをコントロールするようなアグレッシブなチャンピオンをより使いたいからだ」。
シーズンが進んでいくと、人々はこのことに気づきアドバンテージを取り始めてきた。
mundo使いの一人であるCruzerthebruzerはこう考えている「彼をpickするには、相手のカモにならないように相手のtopとjungleのpickもまた参照する必要があります」

最後にShyvanaは49のpickと7のbanを得ている。ちょうど二人の中間くらいに立っているが彼女もまた序盤のレーニングに弱点を持っている。

AN UNLIKELY COUNTER(思いもよらないカウンター)

一つのカウンターpickが発生した:Trundleだ
Trundleのultは彼らのtankyさを奪い、ダメージの構築と敵のtankをぐにゃぐにゃにする両方を同時に行うことが出来る。
TrundleはRenektonの強力なカウンターpickとして69%という勝率を残している。ShyvanaとMundoに対しては10戦中3勝しかできなかったが、topの3人衆を除いて54%の勝率を維持している。

しかしながらTrundleはEUでは16-8の戦績を残しているが、NAでは人気がなく全体を通しての戦績も2-8となっている。NAでもtopの彼は強いと認知されていますが、Ballsは以下のように理論だてている「NAでTrundleが活躍しないのは、彼らがTrundleを使っていなかったためいまだに慣れていないためだと思います」

MATCHUPS(マッチアップ)

マッチアップは我々が期待するような結果になった。
強力なlaneを持つRenektonはmundoに対して67%の勝率を誇る。
しかしながら彼のlane力ではShyvanaを十分に抑え込むことが出来ないので彼女に対しての勝率は40%にとどまります。
Shyvanaとmundoはだいたいイーブンで、mundoが53%と若干高い勝率になる。

しかしRenektonの真の強さは三人衆以外に対しても有効です。(Trundleを除く)
Renektonが他のチャンピオンに対して12-4の戦績を残しているのに対して、Shyvanaとmundoは13-14の戦績です。

SHAKY FUTURE(当てにならない未来)

Perseveranceは二回のpathによって性能の66%のnerfを受けており、ドランズシールドはheathリジェネの40%が削減された。
heathリジェネ奪われたことで、 Dignitasの Cruzerthebruzerはtop laneについてこう考えています「実際により多くのチャンピオン、特にrangedチャンピオンの可能性が開かれることになるでしょう」なぜなら「ドランズシールドは大きな回復アイテムで、いくつかのrangedチャンピオンのハラスを困難にするものだったっただから」

この変更によって他の三体の勝率が53%付近をうろついているのに対して、mundoの勝率は50%を下回っている。

もちろん時間がたてばわかることですが、WickdのIreliaやDarienFredy122のAatrox、BallsのRumble、そしてZionsparanのJaxはこれからの未来をほのめかすように見えます。


Mattias "Gentleman Gustaf" Lehman is a League of Legends mathcrafter turned esports journalist who spends his spare time staring at mountains of League of Legends data. Follow him @GentlemanGustaf on Twitter.


本文
http://na.lolesports.com/articles/giants-top-lane



スポンサーサイト

ALLIANCE'S UNSHAKEABLE JUNGLER

Allianceは降格戦を回避したとき自分たちを見つめ直し、選手達はチーム内の問題を止める方法が分かり、今その一部が解決してきている。その中でAllianceのジャングラーIlyas"Shook"Hartsemaは非常に重要であり、彼のプレイはこの荒れたシーズンを通して英雄から悲劇的なものへと舵を変えた。

A SHOT AT REDEMPTION

LCSの2012年からトップを取るつもりでしたが、ShookのLCSでの道は簡単ではありませんでした。ときに彼は、彼自身が最悪の敵となり、有害行動が原因で2013年の初めにLCSの一年間禁止を言い渡されました。

これは手痛い失敗で、長い時間を失うものでした。Shookは彼のチームmousesportsが2013年の予選を戦う数日前にただの観客へと追いやられ、チームが僅差で昇格を逃すのをただただ見ているだけでした。

しかし色々な意味で、彼が新たなスタートと新しい展望を得るよい機会でもありました。彼はAllianceのwebサイトのインタビューでこう答えています、「個人的に大きく変わったところは、今soloQで他のプレイヤーに対してより前向きな姿勢を持つようになったことです。つまりチームを助けることを以前よりも意識しています。」

彼は正しいスポーツを学びLCSの参加資格の復元を待つ間、その間にプロレベルのプレイを維持するためにChallengerトーナメントに参加していた Copenhagen Wolvesに加入しました。またAllianceチームの創設を描き、彼はその創立メンバーの一員として採用されました。

BIG PLAYS, BIG THROWS

彼が最高の時は、残りのチームメイトを彩る芸術家になります。彼は適切な場所と時間で戦いを開始し、carryにkillのお膳立てをします。彼は序盤のカウンタージャングルを守りきるeliseやzacのようなエースjuangerに立ち向かうことが出来ます。

しかしいつも計画通りにはいきません。Shookには二つの問題があります。まず時々、重要な時期を外しているにも関わらず何かを起こそうと試みる為、そこでは何も出来きないことです。Wickedは彼が敵のjunglerを見失ったり、単に他の事を優先したりするため数回以上死んでいます。

次にあまりにそれすぎることです。彼がチームメイトに与える「お膳立てした」killは時に Allianceは落としてしまいます。TabzzとFroggenの両方はこのよいチャンスを逃します。

ShookはAllianceの司令塔として来ましたが、彼らを悩ませている問題はビッグプレイを確実に実行しないことです。Week7でFnaticに対する試合ではLCSでもっとも良いチームでした。ShookとFroggenはとても良い相性で、Froggenの位置が合わさったShookのイニシエートはとても強力なコンビになります。

SEEING RED

Shookに弱点があるとすれば、安全にプレイする時を常に知らないことです。全体としてAllianceに言えることですが、彼は一年間の成功と自身の能力への信頼をひっさげチームに来ました。それは時々大胆から明らかな無謀へと変わります。

Shookの完全な例としてweek6のSK戦で彼の最高と最悪の特徴が表れています。最終的にはAllianceは勝ちましたが,肝心な時にSK Gaminに対して彼自身が諦めたかのようなり、負けそうになりました。24分時点でAllianceとSKは同じくらいのdeathで、Allianceはmidで相手のzigと対していました。botのタワーが折れるギリギリになってShookはnRatedSvenskerenを引きはがすように戦闘を始めました。彼は即座に死亡し、狙いやすいターゲットのTabzzNyphを残しました。これはAllianceのjunglerの致命的なミスで重要な状況の中で最悪のことでした。

同じ試合で彼とAllianceは最高の場面も示した。彼らはSKに対して安定していて、最終的にはチームとして考え行動し、Shookは常に攻撃の軸となっていた。彼のWukongはSKの中に飛び込みまっさかさまに落とすようなカオスのエージェントで、彼らの位置を壊し、Allianceが通るドアをぶち破って開けていた。彼のプレイはAllianceに勝利するのに必要な機会を作った。もしAllianceがプレイオフを行うなら、このようなプレイを見せてくれるでしょう。

COMEBACK KID

Shookは逆境になる前に対処し、そのために強力に出てきます。Allianceはプレイオフの競合とはみられていません。
もしあなたがAllianceが4連敗したひどかったweek1だけは別にして決めるなら、彼らは彼らの多くのライバルのようになります。つまり良いが一貫性がないです。

Shookは良いプレイをつづけ悪い選択を削減する必要があります。しかし彼はすでに多くの点で必要なことをしています。つまり彼のチームが必要とする突破口の機会を作りだしています。浮き沈みが激しいAllianceのシーズンのすべてにShookaはまだいます。チームの勝利への扉を開ける為に。

今彼らは共に歩むことが必要なのだ。



本文
http://na.lolesports.com/articles/alliances-unshakeable-jungler
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。