スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の日。長文に付き一番下に産業

やぁやぁ皆さんお暑い中、生活ご苦労様です。

さて今日は久しぶりにブログを更新するわけですが、とりわけ面白いことのある日常を送っていないので毎一書くようなネタはございません。ですが今回ちょっとそりゃねーよ、という事が起きたので書かせていただく所存です。

4限の授業が終わり帰宅した私なんですが、ふと自転車の前輪を触ってみると柔らかい・・・。先日空気を入れたばかりなので、「またパンクかぁ・・」と思いつつ空気入れを取り酸素をチューブに送ってあげたんですよ。するとどうやらパンクではなかったようですんなり空気が入りほっと胸を撫で下ろし空気入れを外したんです。すると
「プシューーーーーーーーーー」
なんということでしょう、パンクではなく逆止弁が破壊されていたようです。30秒ほどかけていれた私の空気がけたたましい音と共にみるみる抜けていくではありませんか。

この自転車自体もう2年以上経つので最近ガタがきていてしょっちゅうパンクしていたので最寄りの自転車屋へ((((((´・ω・)トボトボと向かっていきました。そして着き、そこで選択を迫られました。
ほぼ確定的な逆止弁の欠損。部品を購入し自分で取り替えるのが300円、パンク扱いで検査してもらい逆止弁の欠損だけだったとしても500円。
当然皆さん300円を選びますよね?逆止弁の取替えくらい余裕っしょと。
これが失敗でした。
300円の選択をした私はサクサクと逆止弁を交換し空気を入れました。完璧です。余裕です。そして店主にあいさつをして自転車に乗ろうと自転車に手をかけた瞬間

パーン

え?破裂音?なにこれ聞いたことないんだけど。おおよそ風船の破裂音とは違った鈍く低いその音は、私の予想通りチューブの破裂音でした。空気を入れる際、しっかりと車輪にはまっていない状態で入れてしまったために起きた事でした。
もちろんその音に気づいた店主が出てきて、チューブの交換を余儀なくされました。ここは店主のご好意で新品だと2000円かかるところをパンク穴を一つ修理した中古チューブへの交換で500円で済んだんです。
あぁ最初から500円でやってもらえばこんなことにならなかったのになぁ・・・と後悔がありましたが、これでやっと直ったと胸を撫で下ろしました。
そして、さて帰るかと自宅とは反対方向に向いている自転車をよっと反転させておいた瞬間

プシュ

え?何?またなの?なんなの?まだ触ってもないよー
ええ、今度は後輪のパンクです。もう笑うしかありません。(*´ω`*)ハッ!
一瞬でへなった後輪とともに修理です。ここでも心優しい店主のおかげで「これは悪い夢を見たと思っておくよ」
とお代は払わずに直してもらいました。しかし、チューブがもういつ壊れるかわからない状態なので、今度潰れたら新しい自転車を買いに自転車に向かうことが決定しました。

長々と書いてみて、これ読むのめんどくさいなって自分で思いました。
不幸って続くもんだなぁって実感しました。といった感じで今日は終わり

7月末の期末試験の勉強をコツコツいまからやっとけば、焦らないでいける(´・ω・`)キリッ
では、また今度

わかりにく三行

パンク、修理しに自転車へいく。逆止弁の取替えを自分でする。空気入れる

空気いれるときしっかりホイルにハマってなかった。チューブ破裂。修理。帰ろうとする

後輪チューブパンク、店主のご好意ぱねぇ。ちなみに自転車に乗る前に破裂にパンクが起きたんだよね


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。