スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か変わるもんじゃないよ

異常をきたしていてもそれが目に見えなければ大半の人はわからない。
腕が動かなかったり、めがみえなくなったり、身体に表れる異常には人は敏感に反応できる。でも脳にできた異常は表にでない。

別に悲劇のヒロインを気取ってるわけでもないし、駄々をこねてるわけでもない。でもどうして僕がこんなに苦しんでるんだろうとか思わないわけでもない。昼間とか割りと安定してるし、それでもふっとおかしくなるけどそれでも平常でいられる。

眠るのが辛い日々が続くのが本当に辛く感じるようになった。2~3日そんな夜が続くだけで想像以上に疲弊させられている。明日が何故こんなにも怖いのだろうか、何故こんなにも不安なのだろうか。


こういった事をただの軟弱者だと捉える人が結構いると思う。こうなったことがないだろうし、精神的なことは根性でどうにかなるという脳筋の人はそう思うだろう。理解はそうされなくてもいいと僕自身は思っている、ただ否定はしないで欲しい、自分には理解できないものだからと僕の苦痛を否定されるのは嫌だ。


ここに書いて何になるのか、何もならない。
どーにもならない事は時間をかけて解決策を探していくしかない、うまく転ぶかどうかすら分からないけどやれることがそれぐらいしかないのだからしょうがない。
何を嘆いても今ある現実を生きなければいけない、親より先に死ぬことは許されないよ。そういう教育というか常識が僕を支えてる。単純に死ぬことが怖いだけだと思うけどね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。