スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい人であることは必ずしもいいことじゃない

自称いい人の僕ですどうも

当たり前のように常識をもって節度をもって生活するようにするべきだと教わってきましたよね
現実に目を向けると嘘ばっかでほとほと嫌になる
他人や周囲の人を思いやっていて良い事ってなにがあるの?自分を抑えて周りを優先することのどこがいいの?
全体、社会とすればそれがいいんだろうけど当事者はどうなるのさ

自分勝手やわがままが許されるのは子供までって言われるけど
どこのグループや職場、集団を見ても結構な確率で好き勝手やる人いるよね
それで周りがだいたいその人に合わせるから、好き勝手やる人はさぞかし気持ちいいことでしょう

僕はそういう人にはなれません、なりたいと思うけれどもそれを通すほどの無神経さや図太さ
そういったものがない。僕はそういう人の補佐として生きるように作られてしまった
一番いいのは自分中心でやることが自然と周りにもいい影響を与えていくような人
そういう本当のいい人が自分勝手にやるのが理想

だから僕には無理、そんな善人じゃないから
だからといって悪人になれるほどの心も持ち合わせていない
最近は自分のからっぽ具合に悩まされる毎日です

どうしてこういうこと考えるようになったのかって言うのは、やくざの話とNHKの話からかな
どっちも僕が不快な思いや不利益を受けている訳だけどその中で自分の芯のなさや他人を信じる事の無意味さとか色々考えさせられたのね

例え自分の生活がかかっていても僕が犯罪に手を染める事はないだろうし、他人を陥れてまで生きようとは思わない。あくまで常識的な社会での話。フィクションだと殺すか死ぬかとかおおげさな話が出てくるから
でもあの人達は生活に困ってないし多分悠々と生きてる。それなのに他人を陥れる事になにも感じていないんだろうなって

悪い事や後ろめたい事をすると罪悪感って湧くと思うんだ、それが現代に生きる人間として正常だと思ってる(違うかも知れないけど僕はそうだと思ってる)
でもそういう悪意を受けて、ああこの人達は自分の周りや特定の人さえ大丈夫なら何にも心が痛まないんだろうと分かった
それはただ自分に必要のない人間は石ころと同じ感情しか持たないんだって事
そういう考えはあって当たり前だし理解しないこともない

やっぱまとまんない

とりあえず自分が楽しんでいける人間になりたいなーって話
好き勝手やろうにも勝手が分からなくなったし、楽しみもないし、でもやらなくちゃいけない事はあるし
あーあー面倒くさいねー嫌だねー

そうやって楽しんでる人ややりたい事をしている人を羨み、妬む最近です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【いい人であることは必ずしもいいことじゃない】

自称いい人の僕ですどうも当たり前のように常識をもって節度をもって生活するようにするべきだと教わってきましたよね現実に目を向けると嘘ばっかでほとほと嫌になる他人や周囲の人を思いやっていて良い事ってなにがあるの?自分を抑えて周りを優先することのどこがいいの...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。