スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Damage Analysis - Rabadon's Deathcap vs. Void Staff


ハロー、ハロー!今日はあなたの為にDiffTheEnder がいくつかの計算をします。今注意しておきます。あなたが虹色のグラフが嫌いな場合、結論をざっと読むことをお勧めします。でも虹色のグラフが好きなら、楽しんで読んでね。

さて今日はどんな解析をするのかな?それはAPアイテムの頂点である、ボイド・スタッフと帽子についてだ。両方のアイテムは、あなたのダメージ出力を増大させるためにあり、これはどちらのアイテムがよりダメージを出せるかという指摘に対して、正確に算出する時間です。
bousi.png

分析の基礎

まずこれらのアイテムがどんなものだったか最初に思い出しましょう。

aitemu.png



各アイテムの元のAPは個別に与えられますが、どちらが優れたアイテムか算出するのに苦労する本当に複雑な部分はアイテムのパッシブにあります。35%MRpenが25%AP増大を上回るのでしょうか?

ここにこの分析をするために必要な実際のゲームの状況を代表する前提条件が記載されます。

①対象となるメイジは、メイジの標準的なマスタリーに21point振っています。
②メイジはソーサラーシューズに加え、帽子かボイドのどちらかを装備します。どちらも15のMRPenを持ちます。
③赤のルーンにMRPenを入れます。

分析の複雑性に関する注意は他にもうありません。

そのような質問に答えようとする時に、いくつか考慮すべき要因があります。すなわち、それらは:

①帽子かボイド・スタッフを装備する前のメイジのAP。これは帽子のパッシブの%が掛けられるので重要です。
②スペルのAPレシオ。多くのAPがあり、帽子が更なるAPを供給する場合、高いAPレシオのあるスペルはよりダメージが出ます。
③そのスペルの基礎ダメージ。スペルの基礎ダメージはMRPenだけそぎ落とします。これが意味するのは高い基礎ダメージのスペルはよりボイド・スタッフの恩恵を受けます。
④敵のMR。敵がより高いMRを持っていると、ボイド・スタッフのパッシブはより効果的になるでしょう。

上記の4つの要因がそれぞれ変化するため、我々はデータを完全にカプセル化するために、多次元グラフが必要だと思っています。私が言うことを私は信じていて、単純に曲線の差をプロットする代わりに、それと同じような簡略化したものを制作しました。(別名虹色グラフ)この数学の小難しい話のおしゃべりはやめて、結果を見てみましょう。多くのグラフがくるので、それを見る前にグラフの役割を説明しようと思います。

レインボー読んでね

データを簡単に表示する方法があるかもしれないけど、私はまだそれを考え出せていません。ここにある写真は、これから出てくるグラフを例にした、虹色グラフの読み方を説明したものです。

tatoe.png


上はスペルの基礎ダメージと敵のMRを示しています(例では100基礎ダメージ、敵のMRは200)
左軸は帽子かボイドを持つ前のAPです。下がスペルのAPレシオです。右のコンターは、同条件で帽子とボイドが出すダメージの差を示しています。マイナスが大きいほどボイドのダメージが大きく、プラスが大きいほど帽子のダメージが大きくなります。
真ん中の白いラインはどちらを使っても同じダメージです。左側はボイドの方がダメージが出て、右側は帽子の方がダメージが出ます。

綺麗な写真はここ押してね
グラフの読み方を理解したら、結果を見に行きましょう!!いえーい

結果

私が述べたように、ここに4次元のデータがあり、虹色グラフより多い次元のグラフは使いたくありません。なので、各アイテムがどれくらい効果的なのかわかりやすくするために、現実的な設定の値でいくつかの虹色グラフを作りました。見にくかったらごめんねー

ue gurahu


綺麗な写真はここ押してね。各グラフを通して実行しなくても、我々は期待された内容と一致することを確認できます。ボイドは、高い基礎ダメージと高い敵のMRに対してより効果的になります。

上記のデータから、ボイドは何かしらのMRを積んでいる敵に対して、帽子よりも効果的な購入であることが示されている。しかし、低MRの敵に対してはダメージに大きな違いがあります。

ここに一つの重要な要因があります、それはアイテムのコストですが、我々はそれが欠落している。ボイドは帽子より1305g安く、これはとても大きい金額です。このお金で、ブラスティングワンド(黄色い杖)と、アンプリファイティングトーム(435gの本)を買い、60AP余分に持つことができます。ここで我々は、ボイド+ブラスティングワンド+アンプリファイティングトームで、帽子のダメージに出来るかどうか、本当に我々自身に問わなければなりません。その答えはYES!!以下は100MRに一括したダメージの比較になります。

sita gurahu


もっかい言うけどこの写真綺麗だよ

右のこれらのグラフを読んでみれば、あなたはわたしのようにボイド・スタッフのあまりの強さに衝撃を受けるだろう。それは基礎ダメージに関係なく、100MRでは帽子の出すダメージを大いに超えています。敵が高いMRを持っている場合ほど、ボイドの強さはよりあがることを覚えておいてください。言いかえれば、100MR以上ある場合、ボイド・スタッフ+BT+AT>帽子になります。しかしちょっと考えてみてください。「私の狙う敵は100か0のぐにゃぐにゃしたcarryで、タンキーな敵に対してあまり気にしないんだよね」

私は答えるだろう、「君の言うとおりだね、帽子は君のAPスケールや基礎ダメージに応じて、80MRぐらいに近似する低いMRチャンピオンによりダメージが出るよね」。私は多くの虹色グラフで君たちと争いたくない、しかしボイドスタッフ+60APのグラフが+60APないグラフと似ていることを伝えられます。

グラフをスキップして、読者が何か有益なものを得られるように結論に移りましょう。

結論

ようこそ色過負荷と盲目になるかもしれない恐怖で、グラフをスキップしたすべての読者さん。心配しないで、私は結果を要約しました。

ボイド・スタッフは、敵のMRが100以上でスペルの基礎ダメージが高くAPレシオがほどほどの時、帽子に代わって優秀なダメージ出力を供給します。しかし敵のMRや基礎ダメージがひどく低い短い間は、帽子の方がよいダメージを出せます。

上記は正確ですが、これにはアイテムのコストやビルドの構築についての議論が要因として含まれていません。

ボイド・スタッフは帽子よりも安いです。これが意味するのはその差分でブラスティングワンドとアンプリファイティングトームを買うことで60APを余分に持つことができます。ボイド+BT+ATと帽子を比較するとより正しい比較になります。

余分なAPを考慮することで結果が出ます。ボイドを選択すると、APレシオやスペルの基礎ダメージに応じて80MR以上の敵に対してより高いダメージになります。あなたはタンクだけがこれより高いMRを持っていると考えるかもしれないが、それは間違いです。ここにMLGダラスでのゲームのMRの値があります。

tatakai.png


ありがとうELOBUFFデータ。サポートとふにゃふにゃオリアナ、だれもが少なくと70MRを持っていた。

ボイドスタッフのもう一つの利点は、安上がりで合成費用も安く、ゲーム展開に対して柔軟に対応できる選択肢を持つことです。あなたのビルドを変更し、帽子より1300gold少ない投資で同じぐらいのダメージが出るのか決めることができます。またボイド・スタッフはMRPenを補完するビルドによく合うので、Eliseを使うプレイヤーには注意してください。最後に大半のメイジは少なくとも一つはAoEスペルを持っていて、ボイド・スタッフを持つことはこのスペルがタンクやそうでないすべての敵にあたろうが関係なくダメージを最大限発揮するので、取得することが私がお勧めする手段です。

ボイドは通常80MR以上の敵に対してよりいいでしょう。(通常の影響を理解したいなら、上記を読んでください)

これらに関わらず、事実は表記されており、私の意見も表明しています。
これをアイテムを購入する際に考慮するかしないかはあなた次第です。私はこれから帽子よりボイドが買われるようになるって知ってるけどね。


もしあなたがこの分析を楽しんでくれたら、ボイドスタッフという言葉を広める手助けをしてくれるとうれしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。