スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liandry's Torment is Incredibly Strong

はいはい、今回もDiffTheEnderがあなたが気にしていることについて計算分析しちゃうよ。

かなり頻繁に要求される特別な分析は、コミュニティーのメンバーがやっています。今週はGanbit Gamingのmid Alex Ichからの非常に特別な要求を持っていた。それは上位仮面がボイドより火力が出るか?というものだ。この分析をやらないとは言えず、結果を出すことを了承した。この記事には彼の要求した分析の結果が記載されている。そして今回言えることは上位仮面はlolで最も過小評価されているアイテムだということだ。

上位仮面

今私は上の画像の恐ろしい背景で完全に脅かされた。このアイテムがまさにどれくらい強力か読んでください。

分析の開始

私は長い間上位仮面の分析を敬遠していた。なぜならそれらを正確に出力するには多くの因子が含まれているからである。以下にしめすような因子がそうだ。

・基礎ダメージ
・APレシオ
・現在のAP
・敵の現在のHP
・敵のMR

私は時間とともにダメージの出るスキルの計算がすごく複雑になると想像したのは言うまでもありません。そのようなスペルを私は最初のスペルのダメージから差し引き、その時に上位仮面のパッシブによるHP割合に応じたダメージを差し引き、それを各秒ごとに行います。しかし、この要求の答えを決定するために、様々な変数を実験して気づいたことがある。それは現在のAPは実際のところ上位仮面とボイドのダメージの比較の結果に重要な差異はないということだ。つまり上位仮面のAPとボイドのAPのダメージ差の計算の変数を排除出来るかもしれないのだ。

私はいくつかの虹色グラフに22.8/8%MPenをすべてに取り入れ驚くべき結果からこれらを発見した。

しかし、それらを表示する前に各アイテムの性能を見てみましょう。


アイテム比較


これを見てパッシブに大きな違いがあることが見てとれると思う。Flat MPen+ HP%燃焼 vs %MPenだ。
また605goldも違うこともわかる、しかしこれは上位仮面がHPを与えることが原因であり、それらを方程式から除外することが出来ます。すぐに、いかのことが判別できます。

・敵が高いMRを持つ場合、ボイドがより有効的であること。
・敵の現在のHPが高い場合、上位仮面がより有効的であること。
・高いApレシオを持っている場合、ボイドがより有効的であること。

どっちが勝ちかって?じゃあまずグラフの読み方を理解してこの楽しみに浸りましょう。

グラフ読み方

上に使用するスペル、そのダメージなどを標準化している。左に敵のMR、下に敵の現在のHP、右のコンターの度合いがどちらが有効か示している。数値が高いほど上位仮面の方がダメージがでて、マイナスになるとボイドのほうがダメージが出ている。

ここに綺麗なグラフがあるよ。

これで虹色グラフの読み方は理解出来たと思うので、結果に移りましょう。

単体スペルダメージの結果


まず、単体スペルダメージによるボイドと上位仮面の比較を見てみましょう。これはスペルが当たってから上位仮面のパッシブが発揮される3秒後を想定しています。

上位仮面のグラフ1

ここに大きいサイズの画像があるよ

単体スペルダメージの結果についての考察

あなたは気づいているかも知れませんが、私は二つの極端な例を比較しています。高い基礎ダメージとAPレシオを持ったスペルと、低い基礎ダメージとAPレシオを持ったスペルの比較です。これらはボイドと上位仮面の出すダメージの比較に極端な例として提供されます。

そしてあなたがグラフの右を見たなら、私と同じようにショックを受けることでしょう。

さぁ例を見てみましょう。-もしLuxのEがAOEのslowが終わった後、現在のHP1500、MR50の敵に当たった場合、上位仮面はボイドより25%ほど高いダメージを出します。もう一回言います、25%高いダメージです。そして、上位仮面のパッシブが発動している3秒間でずっとslowが掛かっている場合、50%高いダメージが出るでしょう。

では他の例を見てみましょう。-もしKarthusのQが現在のHP3000、MR100の敵とその近くの敵に当たった(KarthusのQは単体に高いダメージを出すためそれを防ぐ)場合、上位仮面はボイドより90%以上高いダメージを出します、そしてslowがずっとある場合200%以上のダメージが出ます。これはわーもぐを来た平均的なBruiserを対象としています。

200%高いダメージっていうのはボイドの3倍ダメージが出るってことです。3倍。これがあなたの心に響かないなんて、私には理解できないことです。

事実として、上位仮面がボイドより有効性を示せないのは現在のHPが1000位の時です。そしてだいたい10%くらい低いダメージになり、これはHP1000以下の相手に与えるダメージとして、非常識なダメージにならないようにバランスをとっているためになります。あなたが低いスペルのダメージを誰かに当てている場合、そいつはほとんど瀕死だし、近寄ろうとしないので、この程度のダメージの差異は重要な観点になりません。

これは上位仮面の明らかな勝利。だこれは絶対に間違いじゃありません。

Burst Damage

まだ疑っている人はこういうと思います。上位仮面の単一スペルの威力は分かったけど、QWERすべてをぶちこんだらどうなの?って。
上位仮面のパッシブの3秒と基礎ダメージとAPスケールはボイドの恩恵を多く受け取るでしょう。

驚くべきことに私はそれについてのグラフを持っています!!ではすべてのグラフを見てみましょう

上位仮面のグラフ2

ここに大きくて綺麗なグラフがあるよ。

Full Burst Damageについての考察

疑っている人にほとんどの証明が提供できます。これは完全なバーストダメージを想定していて、例えば:LuxのQERが遅れることなく同時にあたり、上位仮面のパッシブが3秒間のみです(これを行うのはAnnie Botでもない限り不可能ですが)、ボイドが有効な場合は実際の状況になるでしょう。

あなたが持つ現在のAPに応じて、フルバーストは100-0の敵かそうじゃないかになります。
今フルバーストのグラフのボイドと上位仮面の境界線を見てみると、ほとんどの時間で左が有効で、その時には敵を殺しているでしょう。
なので、最も実際の状況に近い場合、上位仮面のほうが有効になります。完全にバーストダメージが入ることは稀なので、上位仮面のパッシブは3秒ではなく5~6秒にはなります。この上位仮面はより有効になります。あなたが上位仮面のパッシブの余分な2秒について悩んでいるなら(2%燃焼)、右のLux not slowedグラフを見ましょう。左のグラフは4%燃焼グラフです。

team fightの時敵がフルHPであることが、必ずしもそうであるとは言えません、これが意味するのはボイドもしくは上位仮面を持っていようがフルバーストを受けた敵は死ぬということです。

上記のすべての理由から、完全なQWEバーストでよい結果が出ていなくても、上位仮面がより選択されるアイテムだと思います。

結論

・上位仮面は単一スペルのダメージに応じて的に25%~200%のダメージを多く与えることが出来ます。これはマルザのEのようなDotスペルによくマッチします。
・上位仮面とボイドの比較では、QWERバーストが当たった時、敵の要因の影響は小さく、たいてい敵は死んでしますので、どちらがどうとかあまり関係ありません。
・即死でないコンボを使用するボイドと比較すると、上位仮面のほうが非常に有効です。

言い換えれば(私の意見)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。