スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE GIANTS OF TOP LANE

2013年のシーズンの終わりまで、3体のチャンピオンがtop laneを支配していた。:Renekton, Shyvana, and Dr. Mundo.

RISE TO POWER(上昇する力)

何故bruisersはtop laneで強いのでしょうか?DignitasのCruzerthebruzerが言うように「彼らはcarry志向のpickよりも一貫性のあるチャンピオンです。もしlaneで負けてただファームするだけになっても、ゲームの最後まで影響力を持ちます」。一方で、carryがlaneで負けると、彼らのダメージはとても低く、CCも存在しない場合は彼らはチームファイトで溶けてしまうでしょう。

しかしながらbruisersもまたlaneフェーズでの典型的な弱さを持っています。レンジハラスが強いがゆえに序盤でのtankyさの欠如です。ドランズシールドとマスタリーによって非常に高いheathリジェネを持つ彼らを、ハラスによって序盤でレーンから排除するのに非常に難しくなった。それによりlate gameにむけてのfarmを比較的容易に保障する形となった。これはlate gameでの強さを保障するだけでなく、今やlaneで負けることも難しくなった。それは単にpokeに対して回復が上回っているということだ。2013年でShenはrenektonに対するカウンターであったが、2014年彼に対して2-6の戦績を残している。

RELATIVE STRENGTHS(相対的な強さ)

この3つのチャンピオンのpickはそれぞれ相対的な独自の長所を持っています。
Renektonは最も多いpick-56-と最も多いBAN-21-を得ました。これは彼がすべてのマッチアップに対してゲームの序盤に強いアドバンテージを取っているからです。Xaxusによると「彼はすべての単体のチャンピオンを支配し・・・そして相手がjungleファイトでlevel6のRenektonと対面したくないときに、簡単に敵のbuffに向かい戦いを仕掛けることが出来る。」それに加えて、Xaxusが彼を好きなのは「Renktonはtankとダメージを両立したビルドにすることができ、ultによって対戦相手と同じかそれ以上のtanky差を持つことが出来る」ということです。

Dr. Mundoは二番目に多いpick-53-と二番目に多いBAN-15-を得ました。彼の能力はlate gameに膨張するからです。
しかし彼のlaneフェースは弱めで、sOAZはmundについてこう注意しています「ほとんどのマッチアップで負ける」、Balls がmundoを使わない理由をこう述べています「ほんとにただ受動的にfarmをするだけで、私はlaneをコントロールするようなアグレッシブなチャンピオンをより使いたいからだ」。
シーズンが進んでいくと、人々はこのことに気づきアドバンテージを取り始めてきた。
mundo使いの一人であるCruzerthebruzerはこう考えている「彼をpickするには、相手のカモにならないように相手のtopとjungleのpickもまた参照する必要があります」

最後にShyvanaは49のpickと7のbanを得ている。ちょうど二人の中間くらいに立っているが彼女もまた序盤のレーニングに弱点を持っている。

AN UNLIKELY COUNTER(思いもよらないカウンター)

一つのカウンターpickが発生した:Trundleだ
Trundleのultは彼らのtankyさを奪い、ダメージの構築と敵のtankをぐにゃぐにゃにする両方を同時に行うことが出来る。
TrundleはRenektonの強力なカウンターpickとして69%という勝率を残している。ShyvanaとMundoに対しては10戦中3勝しかできなかったが、topの3人衆を除いて54%の勝率を維持している。

しかしながらTrundleはEUでは16-8の戦績を残しているが、NAでは人気がなく全体を通しての戦績も2-8となっている。NAでもtopの彼は強いと認知されていますが、Ballsは以下のように理論だてている「NAでTrundleが活躍しないのは、彼らがTrundleを使っていなかったためいまだに慣れていないためだと思います」

MATCHUPS(マッチアップ)

マッチアップは我々が期待するような結果になった。
強力なlaneを持つRenektonはmundoに対して67%の勝率を誇る。
しかしながら彼のlane力ではShyvanaを十分に抑え込むことが出来ないので彼女に対しての勝率は40%にとどまります。
Shyvanaとmundoはだいたいイーブンで、mundoが53%と若干高い勝率になる。

しかしRenektonの真の強さは三人衆以外に対しても有効です。(Trundleを除く)
Renektonが他のチャンピオンに対して12-4の戦績を残しているのに対して、Shyvanaとmundoは13-14の戦績です。

SHAKY FUTURE(当てにならない未来)

Perseveranceは二回のpathによって性能の66%のnerfを受けており、ドランズシールドはheathリジェネの40%が削減された。
heathリジェネ奪われたことで、 Dignitasの Cruzerthebruzerはtop laneについてこう考えています「実際により多くのチャンピオン、特にrangedチャンピオンの可能性が開かれることになるでしょう」なぜなら「ドランズシールドは大きな回復アイテムで、いくつかのrangedチャンピオンのハラスを困難にするものだったっただから」

この変更によって他の三体の勝率が53%付近をうろついているのに対して、mundoの勝率は50%を下回っている。

もちろん時間がたてばわかることですが、WickdのIreliaやDarienFredy122のAatrox、BallsのRumble、そしてZionsparanのJaxはこれからの未来をほのめかすように見えます。


Mattias "Gentleman Gustaf" Lehman is a League of Legends mathcrafter turned esports journalist who spends his spare time staring at mountains of League of Legends data. Follow him @GentlemanGustaf on Twitter.


本文
http://na.lolesports.com/articles/giants-top-lane



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。